NTT DATA Trusted Global Innovavtor

株式会社NTTデータ東海

Biz∫会計

Biz∫会計

Biz∫会計 活用のメリット

01.自由なコード設定によるセグメント管理

事業単位、地域単位、取引先、製品カテゴリ、サービスなど仕訳伝票の借方/貸方それぞれに「分析フィールド」を設けている。

02.仮仕訳伝票による見込み管理

今後発生が見込まれる会計伝票を「仮仕訳」として登録することができ、確定前の数値を用いた財務諸表の着地見込の可視化を実現できる。

03.仕訳データ取込モジュールの標準提供

イントラマートのBPM基盤の採用により、システム間・業務プロセス間の連携を自動化。プロセスの組み替えにより、多様な業種・業態・商習慣に対応データ属性のチェック、データ変換、フォーマット変換を行うデータ連携モジュール「会計連携」を標準で備えておりシームレスなデータ連携が可能。

04.グループ経営プラットフォームとしての適性

同一環境のマルチテナントでの共同利用を可能としています。またシェアードサービスセンターでの運用を想定し、再ログイン不要での会社切替と、きめ細かい権限制御を実現。

Biz∫会計の特徴

Biz∫会計は、最新のビジネス要求・システム要求に応えるために、SCAW財務管理で培った業務ノウハウを先進のアーキテクチャで実装・強化した、スピード経営・グループ経営の時代にふさわしい会計パッケージです。 複数会計基準での情報開示・IFRSに準拠した決算業務に対応しているほか、クラウドでのグループ展開や、シェアードサービスでの運用を可能としており、グループ経営の高度化・効率化に効果を発揮します。

IFRS対応で求められる運用

SOA/BPMに完全対応した柔軟なシステム構造

Biz∫会計のモジュール構成

SOA/BPMに完全対応した柔軟なシステム構造

※図中の機能は、予告なく変更する場合がございます。