NTT DATA Trusted Global Innovavtor

株式会社NTTデータ東海

スタッフブログ 葵通信

2020年の記事

ドイツ出張ハプニング集

更新
2020/03/26
カテゴリ
その他

ドイツ出張ハプニング集画像

Guten Tag!
新型コロナウイルス対策でお客様先に訪問できず外に飛び出したくてうずうずしている藤原です。
最近は海外渡航も自粛・規制されていてなかなか行けないですが、2月上旬のまだ本格的な規制がなかった時期にドイツのお客様拠点を訪問させていただきました。

海外出張の経験は少ないため慣れておらず、起きたハプニングは数知れず。。今回は起きたハプニングの中からいくつかご紹介します。あるあるネタかもしれませんが、皆様も渡航時にはお気を付けください。

■ハプニング集
【1】初日の出発時にスーツケースのキャスターが壊れて心も傷つく。
【2】忘れ物を取りに家に引き返し、乗らなければならない電車にぎりぎりで飛び乗る。 (私の場合はスーツケースの鍵でした。気づいてよかったです)
【3】5泊7日なのに誰よりも大きなスーツケースで若干恥ずかしい。
 (お客様へのお土産がスーツケースの半分を占めていたという言い訳)
【4】吹雪で手土産が濡れてしまう。
 (手土産準備時に念のため紙袋の上にかぶせるビニールをもらっておけばよかったです。。)
【5】泊まっていたホテルに爆破予告があり夜中の1:30にたたき起こされる。
【6】避難時に荷物を全部入れたスーツケース(大)をもって外に出たら、着の身着のままで避難していた人がほとんどでなんだか恥ずかし申し訳ない気持ちになる。
 (絶対着の身着のままの方が正解のやつ)
【7】ホテルの外に避難して臨時バスの中で2時間過ごす。
 (写真はその間ホテルより配布された水)
【8】その際にお客様にすっぴんをさらす。
【9】同時に寝起きが悪いことがばれる。
【10】警察の調査ののちに無事が確認され戻ったはいいが朝から打ち合わせのため数時間しか寝れない。

いかがでしたでしょうか。
【5】番以降はなかなか体験できないハプニングでした。現地の人曰はく、「この町はのどかで静かな町なので、こんなことが起きるなんて信じられない」「きっと酔っ払いの仕業だ」と言っていました。
後ほどニュース(ドイツ語)を確認してもらうと、どうやら夜中ホテルに「爆弾を設置した。爆破してほしくなければビットコインをよこせ」と電話があったそうです。
ビットコインて!!!

とにかく、お客様と共に無事に帰国できてよかったです。
出張にハプニングはつきものですが、何事にも動じず冷静に対応できる素敵レディになりたいと思います。

第三事業部 第二営業担当 藤原